介護と医療機関医療療養病院の違い

介護と医療機関医療療養病院の違いをまとめました

Home » 日別: 2016年11月22日

介護と医療療養病院

医療療養病院と介護療養の違いについて説明をします。同じものと考えている人たちも多くいるようです。実際に言葉自体も非常に紛らわしいのですが、ここには大きな違いがあるので注意をしましょう。
簡単に言えば、入院の際に適用される保険が、医療保険なのか介護保険なのかの違いがあります。それぞれの病床は、 医療保険・介護保険の制度に従って運営が行われています。

そのような意味において、医療療養病床の場合では、リハビリテーションに対しての必要度が高く、在宅への復帰を目指す患者さんや、一般急性期をなんとか脱して、より医療依存度が高い、慢性期や終末期の患者さんが入院すべき場所であり、介護療養病床では、医療機関による監視が必要であるとは言うものの、実際には病状がかなり安定態であり、介護をメインに必要としている患者さんが入院する場所としてとらえることができます。

しかし、実際には明確にこのような区別ができてないケースも多くあるようです。ある医療療養病床においては、社会的入院と呼ばれる患者さんが多く入院している事態も明らかになっています。あとになり介護保険制度が発足して、厚生労働省が、医療療養病床と介護療養病床に対して明確に分ける配慮が欠けていたともとることができます。

看護師が、このような環境の中でお仕事をするとき、医療療養病床と介護療養病床にはそれほど大きな違いはないとも言われています。更に、特徴・違うを詳しくお話ししましょう。