介護と医療機関医療療養病院の違い

介護と医療機関医療療養病院の違いをまとめました

介護療養型病床

介護療養病院とは、長期の介護・医療のケアを必要とする人たちのための介護保険施設のことです。他の介護施設と比較すれば、医療面での充実度はかなり期待することができます。その中でも、医療保険の適用が認められている医療型と呼ばれる「医療療養病床」と、介護保険が適用が認められている介護型と呼ばれる「介護療養病床」の二つのパターンに分類することができます。

一般の病院から転換したケースもあり、そのような場所では、外来診療なども普通に行っていたりして、なかなか区別がつきにくいところもありますが、 療養型病院と、普通の病気を大きく区別をすれば、療養型病院の目的は治療ではなく、療養にあるのだということです。

症状が良くないという時に行くべき場所は、療養型病院ではなく、病院で治療を受けるということになります。治療によってある程度状態が回復して、しかし自宅で療養をするにはまだまだちょっと難しいというケース、入院というほどではないというケースに療養型病院が利用されます。

特別養護老人ホームといった施設よりも、療養型病院は、寝たきり度が高い人たちのことを推定していたのですが、医療と介護は機能が似ていおり、 医療や看護を必要としない人たちが多くいるという理由より、現在、厚生労働省により廃止の方向に進んでいると言われています。

現在模索の段階であり、現在存在する介護療養病床に関しては2018年3月31日まで転換期限を延長すると言われているものの、 平成24年度以降の、介護療養病床の新設は認められてません。

 

医療療養型病院

医療療養型病院はどのようにあるべきなのでしょうか。医療法で定められた療養病床を有して、治療や療養上の管理や、看護など医学的管理に従い、介護サービス・常生活支援などを受けられる病院が、医療療養型病院です。療養型病院の役目をしっかり理解しましょう。介護型は段々となくなる傾向にありますが、療養型病院が、この現代社会に不必要ということでは全然ないからです。

療養型病院を必要としている人たちは、ある程度状態が安定して、急性期治療は既に必要ないけれど、まだ在宅に戻るには医療依存度の高い患者さんたちです。

そのような施設において、「在宅復帰」が目標であり、医療と介護の提供が行われていかなければなりません。状態の安定がどの程度のものを言うのかなかなか判断も難しいので、専門家としっかり話し合いをするようにしましょう。

療養病床での入院期間は日数や月数では決められるものではなく、あくまでも患者さんの状態によるということになります。医療への依存度の高い患者さんなら、 ここで長期的療養をすることも出来ます。24時間の点滴・酸素の供給・痰の吸引など医療依存度の高い患者さんが継続的に かつ医療の提供がある場所が、 医療療養型病院です。

 

介護と医療療養病院

医療療養病院と介護療養の違いについて説明をします。同じものと考えている人たちも多くいるようです。実際に言葉自体も非常に紛らわしいのですが、ここには大きな違いがあるので注意をしましょう。
簡単に言えば、入院の際に適用される保険が、医療保険なのか介護保険なのかの違いがあります。それぞれの病床は、 医療保険・介護保険の制度に従って運営が行われています。

そのような意味において、医療療養病床の場合では、リハビリテーションに対しての必要度が高く、在宅への復帰を目指す患者さんや、一般急性期をなんとか脱して、より医療依存度が高い、慢性期や終末期の患者さんが入院すべき場所であり、介護療養病床では、医療機関による監視が必要であるとは言うものの、実際には病状がかなり安定態であり、介護をメインに必要としている患者さんが入院する場所としてとらえることができます。

しかし、実際には明確にこのような区別ができてないケースも多くあるようです。ある医療療養病床においては、社会的入院と呼ばれる患者さんが多く入院している事態も明らかになっています。あとになり介護保険制度が発足して、厚生労働省が、医療療養病床と介護療養病床に対して明確に分ける配慮が欠けていたともとることができます。

看護師が、このような環境の中でお仕事をするとき、医療療養病床と介護療養病床にはそれほど大きな違いはないとも言われています。更に、特徴・違うを詳しくお話ししましょう。